多価不飽和脂肪酸とは お弁当のレシピでいってみよう

多価不飽和脂肪酸とは

多価不飽和脂肪酸に分類される、αリノレイン酸・EPA・DHA・リノール酸・γリノレイン酸・アラキドン酸の6つを紹介いたします。
まず、αリノレイン酸ですが、えごま(シソ)油や亜麻仁油に含まれ、この油は脳梗塞や心筋梗塞、高血圧、癌を予防する優れものです。
他にもアレルギー性疾患を改善するという効果があります。
次に、EPA。これは油ではなく、魚介類である、すじこ、いわし、さばに多く含まれており、血栓を溶かしたり、悪玉コレステロールという動脈硬化の原因となる脂質を減らしてくれます。そして、まぐろ脂身と先程EAPで解説した、すじこ・さば・いわしにはDHAが多く含まれます。






posted by りん at 10:00 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。